#クラスターカップ 勝つとすれば…風水パワーということで…!?

201804130100491c1.jpeg

⑨コパノキッキングが能力でねじ伏せる可能性も十分だが…
一方で今回は不安要素も多い。
まず予定していた6月の北海道スプリントCを使えなかった点。
中間は函館競馬場で調整も、ウッドではなくダートなのも気掛かりな点。
この二点だけみても、万全とは言い難いのが本音。オッズほどの信頼感はない。

勢いのある4歳馬が人気になるレースだが、2014年サマリーズが勝ったくらいでもある。
今年は⑨コパノキッキングと⑥ヒロシゲゴールドの2頭がエントリー。
⑥ヒロシゲゴールドは武豊に手綱が戻り、すんなり逃げを打てそうな気配。
それでも、早めに後続に競られた場合、脆さを露呈するだろう。
ピンかパーの極端な結果になるとみて、馬券としては1着固定のみ。

軸として最も信頼が置けるのは⑩ヤマニンアンプリメ。
先行勢を目標に、直線はきっちり前を捕らえるだろう。
岩田騎手なら、直線イン突きの大胆な策もありうるが、外を回す公算が高そう。

⑥ヒロシゲゴールドが早めに潰れた場合にのみ、3着浮上で△4頭を。

◎⑩ヤマニンアンプリメ
○⑨コパノキッキング
▲⑥ヒロシゲゴールド

△②ブルドッグボス
△⑤ノボバカラ
△⑫ラブバレット
△⑪アシャカダイキ


三連単F 10点
⑨=⑩ー②⑤⑪⑫

⑥ー⑨ー⑩
⑥ー⑩ー⑨





0 Comments

Post a comment