ドバイ7R ドバイターフ

日本馬が総勢5頭で、内2頭がドバイ勝ちの実績から、注目度MAXなのがこのレース。
今回地元勢に有力候補が見当たらず、俄然上位独占の期待がかかるが…
多頭出しと言えども、チームプレーを組む戦略を取らない限り甘くはないだろう。
親日国家UAE🇦🇪的には、日本馬に勝ってもらって歓迎のクチかもしれないが、欧州&南アの3頭も虎視眈々と一発狙い。コンスタントに上位に絡んでくるだけに、馬券のヒントには値する。
ランカスターボンバーは日本でもズバ抜けた評価のムーア騎乗で、妙味的に薄まるも、欧州勢の一角なので押さえるも、勝つならトレスフリュオースのような気がする。
Vシュミノーの評価は日本では微妙も、芝中距離までに限定すれば、アベレージは以外に高い。
これぞまさしく、スコトーマ(盲点)馬券の真骨頂を披露する最適レース。
馬券は変則3連複1頭軸 相手5頭
④ ー②③⑤⑧⑮
⑥ー同上
⑫ー同上

このレースが最も高配当が狙える気配濃厚!

0 Comments

Post a comment