#京王杯2歳ステークス

人気上位は前走重賞で勝ち負けを演じた3頭で異論はない。
ただ、内2頭は三ヶ月半ぶりのレース。
3強と呼べる程の厚みはない。
本来なら断トツの1番人気になるはずの
②マイネルグリットだが、鞍上の小粒感は否めず、頭鉄板とは言い難い。
対して鞍上込みで1番人気もありうる
④タイセイビジョンは連続して荒削りなレース振りだが、前走も負けて強しの充分な内容。府中コースなら安心して見ていられるならこの馬が上か…
勝ならこの2頭のどちらかだろう。
⑧ビアンフェの評価は一枚落とす。
兄姉エントシャイデン、ブランボヌールの能力は認めるが、いづれも府中でパフォーマンスを上げるタイプとは思っていない。
2頭の間に割って入るなら、⑩グランチェイサーに魅力を感じる。
前走の大敗はノーカウントと割り切れる内容。鞍上もヤラズに徹し、無事に回って来ただけだったように見えた。
新馬戦だけ走れば、このメンバーでも充分やれる能力はありそう。

◎④タイセイビジョン
◯②マイネルグリット
▲⑩グランチェイサー
△⑧ビアンフェ
△⑦カイトレッド

2019110214524215a.jpeg

0 Comments

Post a comment