#ダービー への道 第3弾 調教の罠



追い切り時計は疑ってかかるべし

ダノンプレミアムの一週前追い切りは、素人目でも素晴らしい動きに見えた。
とはいえ、4月下旬の初時計からレース当日を逆算して、ギリギリ間に合ったというのが
実情ではないか。
ようするに急仕上げ感は否めなく、徐々にテンションが上がった状態で、レース当日を
迎えるとなると、直線ガス欠しても、なんら不思議はない。

皐月賞とはうって変わった内容のワグネリアン。
前回はやりたくてもやれない状態だったように感じられる。
勝手な想像だが、金子オーナーからの強権発動で、攻められるだけ攻めただけでは…?
へたにお釣りを残すような内容なら、逆鱗に触れるのは必死。
外枠17番なら、外を廻す公算が大。
まず届くイメージは皆無。

ブラストワンピースの勝負根性は特筆すべきものがある。
前走直線で内ラチにぶつかるアクシデントはあったものの、きっちり勝ち切るないよう。
問題はレースで精神的ダメージが露呈しないだろうか…。ら

0 Comments

Post a comment