#ダービー レース回顧

20180416002116256.jpg

ワグネリアンの勝因ポイントは2つあったように思う。
スタートで隣のジェネラーレウーノが予想どおり出して行き、
それに続く格好ですんなりスペースを確保し先行できた点が第一。
2点目は直線入口から早めに動き、内の1番人気ダノンプレミアムと
2番人気ブラストワンピースの進路を外から閉めた点。
残り300m時点でどうにか外に出せたブラストワンピースは3着争いには
何とか加わる脚を見せたが、最内のダノンプレミアムはワグネリアンと
コズミックフォース2頭が終始外ムチを繰り出し、スペースを与えない好騎乗。
最後までに閉められ通しのダノンプレミアムがまともに追える場面はなかった。
ダノンプレミアムとブラストワンピースが力負けしたようには見えないレースだった。
同じ騎乗が福永Jが出来るかは怪しいが、神憑り的な騎乗といえる。
今回は気迫が優ったのと、不利と言われる外枠が却って功を奏したというのが率直な意見。

馬券は外したが、福永Jが涙した姿には感動以外の感想はない。
後味としては清々しいダービーだった。

0 Comments

Post a comment