#安田記念 物事には順番がある

20180603135859faa.png
VS
201804081028511c2.jpg
おそらく現時点での中距離最強馬はスワーヴリチャード。
庄野調教師がインタビューで、
中間マイル仕様には、特別意識して造っていない、とのコメント。
自信のあらわれか、それとも…駄目だった場合はオーナーの意向に従った…
いづれにせよ、1番人気を背負うプレッシャーは薄いだろう。
この馬の扱いは難しい。

昨年までの最強馬はキタサンブラック。同期のドゥラメンテが無事だったら
最強馬にはなれていなかったはず。
その2頭がターフを去り、残った6歳がリアルスティール。
目の上のコブが取れた今、ようやく順番が回ってきた。
スワーヴリチャードがそれを阻むか、ここに出るべくして出走する
G1レーシング2騎の争いと見る。
勝馬はこの4頭から出るだろう。

◎⑪リアルスティール
○①スワーヴリチャード
▲⑮サングレーザー
★⑤ペルシアンナイト
△⑨レッドファルクス
△②サトノアレス

3着なら穴もありそう。
前崩れで一発ありそうなのは
⑬ブラックムーン
③ダッシングブレイズ

馬 連 ⑪ー①⑮⑤⑨②
ワイド ⑪ー③⑬
3連複2頭軸
①⑪ー②③④⑤⑧⑨⑩⑫⑬⑭⑮

馬券本線は馬連を厚めに

0 Comments

Post a comment