#宝塚記念 物差しになるのは香港からの刺客



香港馬が参戦してきた時こそ、香港遠征経験馬を狙え
今回の日本馬15頭中、実に5頭が香港遠征の経験がある点に着目する。

ステファノス→3回
サトノクラウン→2回
スマートレイアー→2回
ダンビュライト→1回
キセキ→1回

昨年2017安田記念には、ビューティーオンリー&コンテントメントの香港馬二騎が参戦。
結果は⬇
1着→サトノアラジン 遠征2回経験
2着→ロゴタイプ 1回
3着→レッドファルクス 1回
6着→ビューティーオンリー
1~5着まで首・首・首~と6着のビューティーオンリーも1着との差は僅差。

ここからはこじつけではあるが、遠征経験馬5頭の上位独占もありうる…?

7歳とはいえ、ワーザーの勝負強さは魅力的なのは間違いない。

0 Comments

Post a comment