#キーンランドカップ 札幌11R

201804130100491c1.jpeg
ここ勝負度合いが強いと感じる勢力から入る。
一番勝ちたい思いが伝わるのは
鞍上にモレイラを迎えた⑪ナックビーナス
常に気を抜くタイプをどう操るか…?
能力を最大限引き出せば、楽勝もありそう。

9月1日からキャロットFで全妹(父ハーツクライ)
牡6,000万円が募集される⑤ムーンクエイク
こちらも勝負度合いは強い。
前走京王杯SCが初の1400→今回が初の1200
条件的には決して楽ではないが、無駄使いしない
藤澤厩舎が狙いすました一戦とみえる。
今日は1分9秒台で上がりもかかる決着になりそう。
この点も初スプリントでも、不安は和らぐ。
前を見ながら、内で脚を溜められる点も、前者より有利に働く。

◎⑤ムーンクエイク
◯⑪ナックビーナス
▲⑥レッゴードンキ 最強の2勝馬 久々で頭はなさそう
注⑦ダノンスマッシュ 適正は高いと思うも、切れ味勝負向きの馬か?
△⑫トゥラヴェスーラ 地味に大崩れなく走りそう
△④ペイシャフェリシタ オーナー地元で見せ場くらいは
△③ヒルノデイバロー 出遅れなければ馬場は向きそう

3連単フォーメーション 30点
⑤⑪
⑤⑥⑦⑪
③④⑤⑥⑦⑧⑪⑫

0 Comments

Post a comment