#エリザベス女王杯

ノーザンファームが手薄で、比較的相性に悪いレースだが、
使い分け戦略が嵌まる気配は濃そう。
後は非ノーザンファーム系がどこまで意地を見せるか。
心情的にはカンタービレ(三嶋牧場)に一票投じたい。
石川オーナーはキセキ(下河辺牧場)、秋天でも見せ場充分。
馬主の勢い的には一番とも言える。
ただ、角居調教師が来年1月6日まで調教師停止処分中で
優勝には相応しくない印象。
やはり意地を見せるのは◎モズカッチャン。
意地を見せるという観点なら、キャロットFがジョーカー的な存在。
リスグラシューは当然だが、コルコバードも侮れない。
来年春に引退だけに、母馬優先出資制度を睨み、箔をつけたい一頭だろう。
3着圏内なら充分。

3連単 48点
⑦⑬
⑤⑦⑧⑫⑬
②⑤⑦⑧⑫⑬⑯⑰

0 Comments

Post a comment