#東京大賞典 枠の並びが鍵を握る

絶好枠を引き当てた②ケイティブレイブが断然有利の見方も充分も
懸念材料は馬体重になるだろう。
10月3日の船橋が508キロ
11月4日が518キロ(+10)
12月2日が528キロ(+10)
この2ヶ月で20キロも馬体を増やしている。

前走の敗因を福永Jが不可解なコメント…苦しい言い訳!?
「西日を気にしていた…云々」
シンプルに原因を探れば…要するに単純な調整ミス
この一言に尽きるのではないか?
今回は得意コースで絶好枠。馬体も絞れてくると推察するも
この短期間で、中身が出来ているか否か
結論は1枚割り引きで、2・3着までが妥当の評価とする。
であれば、首位候補は順当に2頭に絞られる。
⑤オメガパフューム
⑬ゴールドドリーム
若干外に入ったゴールドドリームだが、スタートに難を残すキャラには
距離的にも、さほどのマイナスにはならないだろう。
懸念は順調さを欠いた点だけか…
一方のオメガパフュームは、若干使い詰めの感が…
それでも、調整のしやすさでは前走より今回は断然良い。
久々にMデムーロに手が戻る点も好感度は高い。
3枠⑤番なら、今回はある程度早めに踏んで行くだろう。
馬主的にも社台ファーム贔屓の大物。
牧場込みで、勝負度合いは一番高いように映る。


◎⑤オメガラパフューム
○⑬ゴールドドリーム
▲②ケイティブレイブ
注⑯アポロケンタッキー 大外は気分屋のこの馬にはプラス
△③スーパーステション 鬼門は南関の馬場だけ
△④モジアナフレイバー 地元の利でどこまで

3連単フォーメーション16点
⑤⑬
②⑤⑬
②③④⑤⑬⑯

3連単 2点
②ー⑤⑯ー⑯


201812291417467e5.png

0 Comments

Post a comment