#日経新春杯 京都11R

トップハンデが⑦ガンコの57キロが示すとおり、抜けた馬はいない。
となると、勢い重視で明け4歳から選ぶのが無難。
ハンデにも枠にも恵まれた②グローリーヴェイズが軸には最適。
④アフリカンゴールドの52キロの扱いが悩ましい…
ミナリク騎手がギリギリ乗れる斤量だろう。
だだ、同じ横文字ジョッキーでも、Mデムーロに比べると二枚落ちの感は否めない。

昨年12月29日にカンパニーが急逝した。
⑧ウインテンダネスの軸も頭をよぎるも、内田に全幅の信頼は…正直寄せづらい。
すんなりハナを取りきれば、今の馬場は追い風にはなるだろうが、
比較的前にいきそうな馬が多く、不確定要素も多そう。

◎②グローリーヴェイズ
○④アフリカンゴールド
▲⑧ウインテンダネス
注⑪ノーブルマーズ
△⑩ルックトゥワイス
△⑫メイショウテッコン
△⑯ムイトオブリガード

3連複1頭軸 15点
②ー④⑧⑩⑪⑫⑯

0 Comments

Post a comment