#スワンステークス 愛知杯を物差しにすると… シルクロードSの誤りです!

珍しく社台系が手薄なレース。
☆ノーザンファーム系
⑧エスティタート(キャロットF)

☆社台ファーム系
⑯アンヴァル(社台RH)

因みに②ダノンスマッシュは
ケイアイファーム生産で、非社台系である。

愛知杯は引退間近のワンブレスアウェイ(サンデーR)が制覇。
狙い澄ました一撃を放った。
この流れを重視するならば…
本命は⑧エスティタート以外ない。
飛ぶ鳥を落とすNF天栄がいないここは、
NFしがらきが存在感を示す絶好のチャンス。
Bコース替わりプラス、ただでさえ内枠先行有利の内回り1200。
内で包まれる危険は回避しやすい、4枠8番も好感がもてる。
今回はダノンスマッシュとの斤量差は1キロ→3.5キロ
0.4秒差を詰めてくる可能性は高い。

根岸ステークスのヤマニンアンプリメ同様、中村均厩舎の
①ナインテイルズにも注目。
控える競馬が板についてきた。
前走は+14キロ。絞れてくるだろう今回は上積み十分。
調教師の引退ヤリに要注意。

買い目は
結果を大きく左右する天候を考慮し
直前に公開する。


0 Comments

Post a comment