#中山記念 展望

今回の肝は、連闘で参戦するマルターズアポジーになるだろう。
しかも一年以上ぶりに、武士沢ジョッキーが手綱をとる。
スローペースの公算が低く、この参戦を歓迎する陣営は多そう…

ポイントは…
1.ペース的にはマイル寄りのラップになるか…
2.マルターズアポジーを早めに潰しにかかる馬は…
3.各陣営のこのレースに対する位置付けは…

メンバー的には準G1
ディアドラ&スワーヴリチャードはドバイ
エポカドーロ&ステルヴィオ&ウインブライトは大阪杯
上位人気は上記5頭になりそう。
自力なら明らかにドバイ組。ただ、海外遠征を控えた一戦なら
頭で狙うにはハイリスクが伴う。
おそらく中山記念連覇を最大テーマで挑んでくるウインブライトが軸には正解。
G1大阪杯では勝ち負けに不安は残るキャラ。
正しく言えば、遠征競馬が苦手なタイプか…
尚の事ここはメイチで来るに違いない。

馬券は3連複1頭流しで的中できるはず。
対抗に考えている◯◯◯については後日触れる。
再度言うが、鍵を握るのはマルターズアポジー。




0 Comments

Post a comment