#中山記念

◎⑦ステルヴィオ
ノーザンファーム次世代の看板血統はロードカナロアが最有力。
代表産駒の候補としては、前走はフロックだったかも…などど囁かれる訳にはいかない。
その点はNF天栄スタッフも強く意識して調整したはず。
キムテツ調教師は、ノーザンファームの血統馬を少なからず預かる恵まれた環境。
ようやくG1馬を輩出し、自信も増してきたような…
少なくともステルヴィオに関しては、仕上げのノウハウは固まった実感もあるだろう。
大阪杯の前哨戦ではあるが、余裕残しの状態でも勝ち負け必至。

対抗には格より適性。
ここがメイチなのは明らかな①ウインブライト。

3連単F 20点
①⑦
①⑤⑦
①②③⑤⑦⑨⑩

0 Comments

Post a comment