#天皇賞 2019年 春

天皇賞2019春

昨年のレースは、春天の位置付けそのものを変えた印象が濃い。
レインボーラインがその象徴。
狙えるG1を見渡せば、春天が唯一という結論を陣営も描いていたはず。
アルアインもその典型。
皐月賞がベストパフォーマンスだったと仮定すると、距離2000でゴール前に急坂、プラス内回りがベストなら、結論は大阪杯しかない。
条件が三拍子揃うレースは、そう多くはないのが現実。
陣営の本音として、心理的に今回この条件に合致するであろう馬は2頭。
②エタリオウ
⑫クリンチャー
スタミナには不安なし。距離はよりあったほうが良い。京都がベスト。
現状獲れそうなG1はここ以外選択肢はないだろう。

ただ、クリンチャーは去年に比べると勢いに欠ける。相手関係が恵まれてどこまで…といったところが本音。
一発狙ってきているのは明らかだが、信頼度は低い。


201804281141510ec.png

本命はエタリオウで多く語る必要はない。内枠を引いたからには、下げていくこともないだろう。
焦点は頭を取れるか否か…?
瞬発力の差で負けるシーンはある。

負かすとすれば、斬れ味に屈するパターン。相手は同じく4歳のフィエールマンか、グローリーヴェイズがそのタイプ。
いかんせん古馬勢は実力的に劣る。
今年は4歳勢が上位独占、勝ち馬を出していないディープ産駒も、能力でねじ伏せる可能性は充分ありそう。
対抗は菊花賞で大外から不利な競馬の中、5着には食い込んだグローリーヴェイズを上位にとる。
休養明けの天栄仕上げには警戒を払うべき。一段パワーUpしている可能性を意識しておいたほうがよさそう。
フィエールマンは掛かる面が見え始めた兆しもあるか…
菊花賞の再現とまでは厳しそう。

ロードヴァンドールは横山典Jの奇襲云々が囁かれているが、鞍上はあくまで馬のリズムを意識しているだけで、作戦どうこうは外野の意見。
ただ我が道を行くだけ。
古馬から一番手を選ぶならこの馬を推す。

◎②エタリオウ
◯⑦グローリーヴェイズ
▲⑩フィエールマン
注⑬ロードヴァンドール
△⑨ユーキャンスマイル
△⑫クリンチャー

3連単F 20点

⑦⑨⑩⑫⑬
⑦⑨⑩⑫⑬

3連単F 6点

②⑨⑩
②⑨⑩

3連複1頭軸 10点
②ー⑦⑨⑩⑫⑬

0 Comments

Post a comment