#エプソムカップ

201804081028486ca.png

セレクトセール前の重賞レース。
絡みでいくと⑥サラキア(全弟)、⑭ダノンキングダム(半妹)が該当するが…
本命には⑦プロディガルサンを迷わず指名する。
金子オーナーは毎年高額のディープ産駒を購入しているイメージが強いが…
私の記憶が確かなら、2年続けて購入しなかった時期がある。
因みにその年の産駒からは、これといった大器は誕生しなかった。
禁を破るかのように、久々に落札したのがプロディガルサン。
確か2億5千万位だったような?

意外にも未だ重賞タイトルは無い。
国枝調教師の嘆きのコメントも恒例となって久しい。
"先頭に立つと競馬をやめる"
Dレーンで駄目なら諦めるしかない。
兄リアルスティールのベストマフォーマンスは毎日王冠だったと確信する。
本馬も非根幹距離で一気に開花する下地は十分あるだろう。

正念場という意味なら、⑨レイエンダも同様。
ここも駄目なら、洋芝かローカル重賞でしか勝てない馬と見限る。
ルメールも手放す可能性もある。

◎⑦プロディガルサン
◯⑧ミッキースワロー
△⑨レイエンダ
△⑭ダノンキングダム
△⑥サラキア
△④ソーグリッタリング

馬単 5点
⑦ー④⑥⑧⑨⑭

3連単F 8点

⑧⑨
④⑥⑧⑨⑭

0 Comments

Post a comment